松本市立博物館

お知らせNEWS

開館時間
1F:9:00 ~ 21:00
2F・3F展示室、1F子ども体験ひろばアソビバ!:9:00 ~ 17:00
※展示室のチケット販売と、アソビバ!への入室受付は16:30で
 終了いたします。
休館日
1F:毎月第3火曜日(祝日の場合は翌平日)
2F・3F展示室、1F子ども体験ひろばアソビバ!:毎週火曜日 
 (祝日の場合は翌平日)
1F・2F・3F:年末年始(12月29日 ~ 翌年の1月3日まで)※臨時休館あり

開館情報MUSEUM INFORMATION

読み込み中... 読み込み中...

企画展示・イベントEVENT

令和6年度企画展「収蔵品展 戸田家臣団―松本藩最後の武士団―」

開催中

令和6年度企画展「収蔵品展 戸田家臣団―松本藩最後の武士団―」

2024年04月20日(土)~06月17日(月)

【夜間開館のお知らせ】6月19日(水)は常設展を20:00まで夜間開館

開催予定

【夜間開館のお知らせ】6月19日(水)は常設展を20:00まで夜間開館

2024年06月19日(水)

【市民ガイドによる常設展示ガイドツアー】6月19日(水)17:45から開催

開催予定

【市民ガイドによる常設展示ガイドツアー】6月19日(水)17:45から開催

2024年06月19日(水)

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

開催予定

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

2024年06月21日(金)

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

開催予定

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

2024年06月21日(金)

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

開催予定

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

2024年06月21日(金)

【事前申込】来てみて松本市立博物館ー新博物館には何がある?ー

開催予定

【事前申込】来てみて松本市立博物館ー新博物館には何がある?ー

2024年06月23日(日)

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

開催予定

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

2024年06月24日(月)

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

開催予定

【自主事業】森林セラピストによる 免疫力upに役立つ『森林浴と香り』セミナー&ワークショップ開催

2024年06月24日(月)

常設展示PERMANENT EXHIBITION

大テーマ1

お城のあるまち 松本城が語りかけるもの

松本城は、国内外から多くの人が訪れるシンボルであり、地元でも「お城を中心としたまち」という意識が醸成されています。 しかし、なぜ現在でも「お城が中心」なのでしょうか。 松本城の立地や城下町の都市計画、城下町に住む武士や町人の暮らし、そして周辺の村とのつながりの中で、「お城を中心としたまち」の実像が見えてきます。

詳細はこちら
お城のあるまち
大テーマ2

にぎわう商都 城下の人々と祭り

「信濃第一の都市」「繁栄の地」と評された松本城下町のにぎわいは、町人によって生み出されました。 商都としてのにぎわいを象徴する行事が、新年に行われる市神様に商売繁盛を願う「あめ市」です。 江戸時代後期の『善光寺道名所図会』には、本町に造営された拝殿を中心に、多くののぼりと道を埋め尽くす人々でにぎわう様子が描かれています。 あめ市は現在も継承され、まちのにぎわいを生み出しています。

詳細はこちら
にぎわう商都
大テーマ3

開かれた盆地 行き交う自然の恵

長野県のほぼ中央に位置する松本盆地は、糸魚川静岡構造線を挟んだ西側の北アルプスと東側の美ヶ原・筑摩山地が隆起し、その間にできた窪地に火山灰や河川が運んだ砂礫が堆積して平地が形成されました。 松本では、いくつもの街道が交わり馬や牛による運搬が行われていました。 盆地の恩恵により生み出される産物の交易によって、また、温泉や名所を訪れる人によって、多くの物と人が松本を行き交い、盆地が開かれていきました。

詳細はこちら
開かれた盆地
大テーマ4

ともにある山 山に生き山を活かす

西に槍ヶ岳・穂高連峰が連なる北アルプス、東に360度の眺望を誇る美ヶ原高原。 市内のどこからでも美しい山を眺めることができる松本は「岳都」と呼ぶにふさわしい山岳都市です。 しかし、松本の人々にとって、山はただ眺めるだけの存在ではありません。 山は、食料や鉱物といった恵みの源として、また、自然災害を引き起こす怖れの源として、信仰の対象となりました。 山を守り、山の魅力と歴史・文化を次代に継承していくことは、山に生き山を活かす者の大切な使命です。

詳細はこちら
ともにある山
大テーマ5

伝えてきた心 人々の祈りの形

松本では、季節の折々で多くの伝統行事が行われます。 よく知られるものでは、旧城下町で行われる「ぼんぼん」と「青山様」や「あめ市」、里山での「三九郎」や「お八日」のほか、豪華な山車が練り歩く「天神様」や「お船祭り」、7年目ごとに開催される「御柱祭」などがあります。 かつては、他地域でも行われたが現在は松本にしか残っていないというものもあり、伝統や文化を重んじる松本の気風をここに見ることができます。

詳細はこちら
伝えてきた心
大テーマ6

生きる力 暮らしの中の工夫

人々は、より良い暮らしを求めて生きています。 先人は、安全な社会、健康的な心身、あるいは経済的・文化的な豊かさなどを求めて、様々な工夫を重ねてきました。 例えば、松本の豊かな自然は、恵みをもたらすものだけでなく、時に噴火、洪水、土砂崩れなどを引き起こし人々に猛威を振るいました。 先人は、同じ悲劇を繰り返さないように、その記録を残し防災の仕組みづくりをすすめました。

詳細はこちら
生きる力
大テーマ7

変わりゆく社会 市民が担うまちづくり

社会に変革を起こしまちづくりを進めるのは、いつの時代も市民が中心です。 江戸時代の松本城下町では、町人たちが城下町の経済と文化の発展を担い、あめ市などの祭事によりまちのにぎわいを創出していました。 明治維新によって武士を中心とした社会が解体されると、庶民が新たなまちづくりを担いました。 近年でも、あらゆる場面で、さまざまな人によって、まちづくりの取り組みが行われています。

詳細はこちら
変わりゆく社会
大テーマ8

継いでつなげて

博物館は、資料を収集・保存しています。 こうした活動によって、貴重な物を大切に残すだけでなく、その物がもつ様々な情報を調査研究によって読み解き、地域の自然・歴史・文化を紡ぎだすことができます。 紡ぎだした地域の特徴は、「過去」「現在」を考えるきっかけになり、その先に続く未来を創造することへとつながります。 そのため、博物館の活動は、「温故知新(故きを温ねて新しきを知る」ともいわれています。

詳細はこちら
継いでつなげて
1

お城のあるまち

お城のあるまち
2

にぎわう商都

にぎわう商都
3

開かれた盆地

開かれた盆地
4

ともにある山

ともにある山
5

伝えてきた心

伝えてきた心
6

生きる力

生きる力
7

変わりゆく社会

変わりゆく社会
8

継いでつなげて

継いでつなげて

館内施設FACILITY

  • 常設展示室
    常設展示室
  • 特別展示室
    特別展示室
  • 子ども体験ひろばアソビバ!
    子ども体験ひろばアソビバ!
  • 交流学習室
    交流学習室
    貸出可
  • 講堂
    講堂
    貸出可
  • 導入展示
    導入展示
  • 会議室1
    会議室1
    貸出可
  • 会議室2
    会議室2
    貸出可
  • ポケットパーク
    ポケットパーク
    貸出可
  • 図書情報室
    図書情報室

グッズ紹介GOODS